4回生

1回生 2回生 3回生 4回生





 井上 真結香  Mayuka Inoue
右シェーク速攻型
彼女は今年京大卓球部に入部した女子のスーパールーキーである。
1回生でありながら、関西学生リーグをはじめ、すべての試合に出場し、
半年の間に輝かしい成績を残してきた。多彩なサーブからスマッシュを
相手コートにぶちこんでいくスタイルは破壊力に優れ、今後が楽しみである。

卓球を離れると、毒舌であったり、常に自分の携帯とにらめっこしていたりなどと
様々な話題を部内に提供している彼女だが、実力とともにチームを引っ張る人物に
なることを筆者は切に願っている。

今年度のMVPも受賞した彼女の今後の活躍に乞うご期待!!
	
兵庫県立龍野高校
医学部人間健康科学科


 木村 康太郎  Kotaro Kimura
右シェークドライブ型
彼の名前は木村康太郎。真面目で穏やかで口数は少ない彼は、
キムキムの愛称で同回からも先輩からも慕われる愛されキャラである。

そんな彼は飲み会で本領を発揮する。彼は酔っぱらうと「すしざんまい!!」と連呼し、
挙句の果てに飲み屋のテーブルの上やN井の家のカーペットの上にまで
「すしざんまい」してしまった。このように飲み会では暴れるキムキムだが、
卓球のほうは日々真面目に練習に励んでいるので期待しつつ見守っていきたい。
	
獨協高校
農学部資源生物科学科


 窪田 航  Wataru Kubota
右シェークドライブ型
通称わたぽん。サブフロアで上裸で練習している人がいたら、それは彼であろう。
筆者の視力ではどう見ても上裸だが、よく見てみると肌色のTシャツを着ているらしい。
彼はいつも肌色Tシャツで練習している。練習で汗をかいて、肌色Tシャツから
肌色Tシャツに着替えている姿ことも。一体何枚同じTシャツを持っているんだ。

腰の痛みと戦いながら卓球部への入部を決意した彼は卓球に非常に熱心に取り組んでいる。
彼は入部当初、「僕卓球だけしてたらリア充なんで」という名言を残してくれた、
愛すべき卓球バカである。

同時に彼は独自の言葉を生み出す天才である。
誰がすべってもきっと彼の生み出した言葉が救ってくれるであろう。「ほほ〜う。」
	
大阪府立北野高校
工学部物理工学科


 桑畑 凪  Nagi Kuwahata
右シェークカット型
彼を簡潔に言い表すと
「失意のどん底にいるいやらしいカットマン」
である。(なぜ失意に落ちているかは本人まで)

いやらしいとは言ってもいやらしいのは目つきだけで、戦型は堅実な裏粒カットであり、
性格や言動も名前の通り凪のように穏やかだ。

が、最近になってバックハンドの弾きの練習やら攻めのレシーブの練習やらにも
手を出し始めたらしい。とうとうプレーにもいやらしさが出てきてしまったようだ。

プレーだけには収まらず性格、言動にまでいやらしさが出てきてしまうのか
彼の今後に注目だ。
	
福島県立福島高校
工学部建築学科


 高瀬 夏美  Natsumi Takase
右シェークドライブ型
その名はたかせマン、
自身が卒業した女子校を「お花畑ではなくサル山」と言い放つ、
我が部随一の女傑である。拾いにくいロングサーブから堅いブロックで
対戦相手を翻弄し、甘い球は逃さずに強烈な打球を打ち込んでいく
スタイルに、密かに恐怖を覚える者は数知れない。

 よく食べることをウリにし、ブラックホールの胃袋を持つのではないかという
失礼な噂も聞かれる彼女は、同回のChou↑↑氏及びTudi☆森氏と並んで
京大卓球部三大名峰に連なり、圧倒的な存在感を放っている。
好きな野球チームはもちろん読売ジャイアンツ(意味深)。
そういう訳で原巨人がCSにおいて、関西の縦縞集団に3タテを食らった際には
凄まじい憤り様だった。

 そんな彼女は常日頃からその高みより皆を見守っているが、
筆者はその面倒見の良さから、高校では彼女はボス猿的な立ち位置を
占めていたのではないかと想像している。
既に彼女を次の女子主将にと推す声もしばしば聞かれているようだ。

 だがその為に持ち前の生真面目さが災いし、馬◯揃いの1回生による
統率の取れない行動に頭を悩ませる事もしばしば。
7大戦の芸を中心となって進めていたのも彼女であり、
全く言う事を聞かない阿◯猿どもに強いられた苦労は察するに余りある。
余りのストレスによりTwitterや本人の口からつぶやかれる、
ウィット満載のブラック発言は、同回生を震撼させ、上回生を大喜びさせている。

 このようによくよくブラックという言葉に縁の有る彼女だが、
要するに真面目で面倒見の良い苦労人である。周りがそれをよく助け、
大学生活が薔薇色のものになることを願ってやまない。
負けるなたかせマン、京大卓球部(1回生以外)は君と共に有る!
	
鴎友学園女子高校
法学部


 谷輪 厚太  Kota Taniwa
右シェークドライブ型
彼は今年、突如大量発生した大阪の北野高校4人衆のうちのひとりである。
彼は一浪で、他の3人は現役という筆者と同じく元後輩が同回という立場に
ありながら、高校時代の不名誉なあだ名をばらされたり虐げられている筆者とは違い、
平和に過ごしているのを羨ましく思う。

そんな彼は入部当初からきれいなフォームのバックハンド攻撃からの両ハンドという
非常にきれいなシェードラであり、同じシェードラとして感心する一面もあるが、
試合では驚異のメンタルの弱さを発揮させ、ダブルスパートナーのY田とともに
秋の京都九大戦まで対外戦未勝利という実力にそぐわぬ結果を残している。
しかしながら、元後輩H野によると新しい試合環境に慣れるのに
1年を要するらしいので、来年に期待をよせている。

頑張れたにこー!
	
大阪府立北野高校
農学部食品生物科学科
主将


 張 星宇  Tyo Seiu
右シェークドライブ型

同じ学科であるK村と共に、自らを資源ごみと呼んでいる。

部員の誰かがボケるとすぐツッコミをいれたり、話している際に
様々な話題を提供してくれたりするあたり、さすが大阪人!と言うべきであろう。

基本的によく喋る(ツイッター上においても)のだが、アルコールが入るとさらに
喋るようになり、声のボリュームも上がる。

彼の武器はそのパワーを生かした威力のあるドライブであり、コートに入るとなかなか
簡単には返せない。
彼は酔うと怒るようになるタイプらしく、新歓コンパのときには、飲ませようとしていた
先輩とバトルを繰り広げていたのが印象的である。

少林寺拳法もしていたことがあるそうで、喧嘩は強いと思われるので、
彼をあまり怒らせないほうがよいかもしれない。

	
清風高校
農学部資源生物科学科


 辻森 皓太  Kota Tsujimori
右シェークドライブ型
彼は今年も現れた名門私立TDJ出身である。
が、今まで現れたTDJ出身者とは格が違う。同じTDJ出身のT村先輩いわく、
「とぅでぃ森君はTDJにおるやばい奴ら全員を合わせた感じやな〜」と。
そう、彼はTDJの体現者なのだ!君はその片鱗を出会ってすぐに見ることになるだろう。

まず、彼を見てすぐに気付くことがある。それは…「長い白靴下だと!?」

そう、彼はロングホワイトソックスなのだ!
彼はリーグ打ち上げでのT橋先輩からの尋問に耐え抜き、
強固な意志でロングホワイトソックスを履き続けている。

次に、彼を観察していると気付くことがある。それは…「誰とも喋らねーだと!?」

そう、彼はコミュ障なのだ!筆者は彼が人と話している姿を殆ど見たことがない。
唯一相手をしてくれていたK鹿渡も今は休部中ということで、
一層喋る光景を見なくなった。

最後に、彼と一瞬でも仲良くなると気付くことがある。
それは…「舐められてるだと!?」

そう、彼は調子に乗りやすいのだ!
そうとは知らずに入部当初はまだ喋っていたというS木が被害にあった。
その名も「三大戦ハイタッチ事件」。(詳細は本人にお聞きください)

そんな彼であるが、卓球の方は見かけによらない機敏なフットワークからの
フォアハンド攻撃が持ち味である。
是非、卓球の練習だけでなくコミュニケーションのほうも頑張ってもらいたい。

はっけよーい、のこった!
	
東大寺学園高校
工学部電気電子工学科


 土井 隆暢  Takanobu Doi
右ペンドライブ型
〜イカ京麻雀 in卓球部〜
東三局 東家
土井「ツモ!!」

立直            1翻

門前自摸和      1翻

熊野寮     2翻

理学部(物理)    3翻

彼女いない   1翻

眼鏡      1翻

チェックシャツ 2翻

アニオタ    2翻

(ペン)ドラ   1翻


30符 14翻  数え役満  48000点
	
大阪府立北野高校
理学部
体育会本部員


 堂坂 海音  Kaito Dousaka
右シェーク異質型
詳しくは、ブログをご覧ください。
http://ameblo.jp/uminnchu0217/
	
兵庫県立明石北高校
工学部工業化学科


 久野 孝浩  Takahiro Hisano
右シェークドライブ型
次世代の卓球プレーヤー久野孝浩。
戦型は右シェーク裏裏異端型(プラスチックボール完全対応)。

彼の得点パターンは
高速ロングサーブからの謎ブロックからの
理不尽バックプッシュからの
下回転スマッシュである。

そんな彼はシェーク裏裏ドライブ型になる夢を持っているらしく、日々努力している。
プレーはひねくれている彼だが性格はいたって真面目で
1回生の中の数少ない常識人である。プレー、性格ともに
同回を代表する人物となることを期待しよう。
	
大阪府立北野高校
法学部
副将


 安田 達哉  Tatsuya Yasuda
右シェークドライブ型

常にニヤニヤ。
「やっさん」の愛称で親しまれている。
筋肉量には恵まれずとにかく細いが、幸運にも卓球のセンスには恵まれた。

しかしそんな彼だが、対外試合では未だにその力を十分に発揮できていない。
原因は主にメンタルの弱さにあり、そのあまりの崩れやすさから「豆腐メンタル」
と呼ばれることもある。
どちらかというと、木綿ではなく絹ごしであろう。
大会会場で試合をする彼の姿には、部内リーグで見せる思い切りのよいプレーの面影はない。
シングルスだけではなく、ダブルスにおいても相方のT輪と共に崩れてゆくのをよく目にする。
彼曰く、やる気を失ってしまうのではなく、ラケットを思い通りに振れなくなるのが
原因らしい。

いつか彼が「にがり」的役割を果たす何かを手に入れ、豆腐メンタルが強固なものへと
変化するとともに、対外試合でも活躍できる日が来ることを筆者は切に願っている。

	
愛知県立岡崎北高校
工学部物理工学科


 渡辺 千尋  Chihiro Watanabe
右シェーク異質型
彼女は同回の中では数少ない、女子の中では唯一?のまともな人物である。
そのふわふわした優しい性格とほわほわした天然さは多くの人を惹きつけるが、
変な人まで惹きつけてしまうせいでいろいろな被害にあっている。

例えばI上には会う度に抱きつかれ、O本には会う度に話しかけられている。
そんな彼女だが、なんと同回のT森とはまだ話すことさえも出来ていないらしい。
人を惹きつける能力を持っている彼女が今後の三年間で彼とどうやって会話をしていくか
みものである。

	
香川県立高松高校
法学部
女子主将





1回生 2回生 3回生 4回生

トップページ