3回生

1回生 2回生 3回生 4回生





 伊藤 源規  Genki Itou
右ペンドライブ型
彼の名前はいとげん。
今年入部したばかりの1回生だが、
某氏と共に七大戦団体で活躍した期待のエース候補である。

だが、注目すべきは卓球の手腕ではない。
彼は入学してすぐに、ダブルスの相方(一説には奴隷)であるwi☆suが
チェックメイトをかけていた女のコをntrし、見事に付き合ったという逸話がある。
恋愛面でもかなりの豪腕である。
その見事さに、非リア()な筆者は恐れおののいていたわけだが、
それだけでなく、ときおり筆者に哀れみの目を向けてくる。

そんな男気あふれるいとげんだが、最近その彼女から別の女の子に乗り換えたという
最高にrockなイベントがあり、
そのフットワークの速さは彼のプレースタイルを彷彿とさせる。

まあ何が言いたいかというと、
彼女が欲しい野郎ども(筆者及び、TDJ諸君含む)は、
激チャラな彼に卓球でも、私生活でも弟子入りすることをおすすめする。
洛星高校
農学部地域環境工学科
主将


 大隅 啓太  Keita Osumi
右シェークドライブ型
彼の名前は大隅啓太。
1年の準備期間を経て京大卓球部に突如出現した。
その第一印象はその身長の高さである。
でかい。50m級の超大型巨人くらいである。
手足が長いためそのリーチの長さを生かしたとんでもない剛球が飛んでくる
のかと思いきや生かし切れておらず窮屈そうにドライブを打っている。
そのでかさに比例して食べる量もものすごい。
食堂で見かけるといつも筆者の2倍は平らげている。
太れないと悩んでいるさかn...先輩も彼を見習ってほしい限りである。
また練習量も多い。
彼はパラ経ということもあってかI田先輩やT輪さんと共に、
毎日サブフロアで見かけることができる。
サブフロアにいる超大型巨人がいたらそれは彼であろう。
その練習量の多さから1回生で1番伸びたのは、
彼ではないかと筆者は思っている。(身長の方ではない)
これからもその練習量を生かして実力をつけていってほしい。
頑張れ、大隅!!
兵庫県立姫路西高校
経済学部
会計


 大西 節  Takashi Onishi
右シェークドライブ型
彼は三年間の準備期間と一年間の充電期間を経て
二回生から我が部にやってきたオールドルーキーである。
当初は部にちゃんとなじめるのかという不安の声もあったが、無事に受け入れられた。
その理由としては、彼の持つ独特の雰囲気、そして確かな実力も挙げられるが、
やはりなんといっても「ぶっしー」というあだ名が一番だろう。
実は、彼が入部希望のメールを送るも某先輩におびえて見学を躊躇している間に、
「これ下の名前なんて読むん?」
「『ぶし』って書いて…なんやろ」
「もうぶっしーでいいんちゃう?」
みたいな流れでそのまま「ぶっしー」で定着してしまったのである。
私はその場に居合わせたわけではないがこんな会話だったに違いない。

そもそも私はいざ彼が入部するということになった時ですら
「ぶっしー」というあだ名しか知らなかったくらいである。
そんな私であるが、今ではちゃんと彼の下の名前も読めるようになった。
そう。彼の名前は…大西たけし!!
あれ、違う?まあぶっしーでいいや。

奈良県立奈良高校
農学部食料・環境経済学科


 大橋 翼  Tsubasa Ohashi
右シェーク異質型
彼はどこにでもいそうな至って真面目な男である。

…と思ったら大間違いである。

確かに某先輩に「大橋をちょっと大きくしたらY場、茶髪にしたらK上」と言われたり、
東大戦の際に「あの人我ながら自分に似てると思う」と
自分に似ている人を見つけたりしている。
しかし、中身はそうではない。
彼はかなりのいじられキャラであり、動きや、関西弁と博多弁の混ざった喋り方、
時々発せられる奇声などを同回生にツッコまれている姿をよく目撃する。
また、彼はちょっとぬけているところがある。
ドイツ語"未"履修登録事件は部員皆を驚かせた。

とはいえ、彼が真面目なのにはかわりない。練習にも熱心に取り組んでいる。
だが、その熱心さが仇となり、最近肉離れになったらしい。
NTR「大橋のいない練習はメンマのないラーメンみたいやわー」
だそうなので彼が早く治して戻ってきてくれることを願っている。
戻ってきた。 
福岡県立福岡高校
理学部


 河上 晃治  Kouji Kawakami
右シェークドライブ型
紫のDQNシューズを履き、
膝にサポーターを巻くエース(笑)
その姿を見た主将には、
「格好だけは1部校やな〜」と評された。
卓球の方はというと、
YGサーブからのバックハンド攻撃からの「ぢょれい」を得意としており、
フォアハンドは余り得意でないのだが日々真面目に練習に励んでいるので
今後がとても楽しみである。
開明高校
工学部情報学科


  
 小林 明理  Akari Kobayashi
右ペン速攻型
彼女の名前は小林明理。
同じ回生にもう一人小林がいるがそっちはニトロと呼ばれているため
“小林”のアイデンティティーをなんとか保っている。

そんな彼女の戦型は女子では珍しいペン表である。
高校時代はソフトボール部だったため卓球経験は中学時代だけであるが、
入試の合格発表の翌日からサブフロアに来るほどの熱意を持っており、
日々真面目に練習をしているためすでに
前陣でのピッチの早いプレーには目を見張るものがある。

練習熱心な彼女の今後の成長に期待したい。
京都市立堀川高校
医学部人間健康科学科
女子主将


 小林 義樹  Yoshiki Kobayashi
右シェーク速攻型
彼はみんなにニトロと呼ばれる、得体のしれないやつである。
高校時代は「3奇人」と言う名で恐れられていたほどである。
彼の特徴はなんといってもそのフォームである。
彼のそのフォームは意味不明で形容しがたい。
七大戦のエール交換で盛大にいじられるほどである。
しかし、意外とそのドライブは正確であるからなんともいえない。
七大戦といえば、ダブルスで黒猫の仮装をしてみんなにドン引きされていた。
あれはやばい。
ボキャ貧である筆者の語彙では説明できない。
なかなかサブフロアに現れないのでぜひもっと練習してそのフォームを直して欲しい。
滋賀県立膳所高校
工学部工業化学科


 中川 朝葵  Asaki Nakagawa
右シェーク裏裏
本年度の女子部新入部員3名のうち、最も成長が期待されているであろう選手、
それが彼女である。大学卓球に飛びこんだ彼女が掲げた目標、
それは「1ゲームをとること」であった。
そしてその目標を据えてから数か月、階段を一つ飛ばしで駆け上がった彼女は、
その手に初勝利の栄光を掴み取ることとなった。

彼女は目覚ましい成長を遂げ、それを周囲の部員たちは温かく、
あるいは脅威を感じながら見守っている。

彼女の旅路はこれからも続く。その成長はまだ、始まったばかりだ。
洛南高等学校
法学部


 松谷 勇輝  Yuuki Matsuya
右シェークドライブ型
男はフォア!


これは、彼が放った数々の名言の一つである。

彼は、サーブからの回り込み3球目攻撃、
ラリーでも積極的にフォアで回り込んでの強打を武器とした、
まさに上の言葉を体現したような卓球をする。
かつても数々の相手をフォアでねじ伏せてきたようで、
その実績により入部当初から大きな期待を寄せられていたことは言うまでもない。
そんな期待にも応えてくれた彼は、今や文句なしのスーパールーキーである。
そんな彼の今後の成長に乞うご期待である。
鳥取県立米子東高校
法学部


 松山 菜那子  Nanako Matsuyama
右ペン異質型
彼女を一目見たあなたはこう思うだろう、「小さくてかわいらしい女の子」だと。
しかし、その外見からは想像できない力強いプレーと歌声を彼女は持っている。
戦型は右ペン異質型。女の子らしい戦型であるが、
裏面からはなたれるボールやバックサーブの鋭さ、
ブロックの堅さに白旗をあげるものは多い(主に同回男子)。

残念なことに、現在彼女はリハビリ中で規定練習には参加できていない。
彼女が1日も早く元気にプレーできるようになることを願ってやまない。

あ、彼女の歌声のほうはカラオケでどうぞ。
兵庫県立加古川東高校
医学部人間健康科学科


 源 直道  Naomichi Minamoto
右シェーク異質型
通称「ウィッス」。
彼は文学部に所属する真面目な好青年である。

しかし筆者は彼が同回生や先輩にツッコミを
入れられているのをよく目にする。
試合の総評が卓球王国っぽい割に中身がないだとか、
笑いが愛想笑いっぽすぎるとか、
ウィッスウィッス言っているだとか言われている。
それに対して彼は「ハハハハハ」と笑って返すのでまたツッコまれる。
そして謝る。
笑いながら。
その一連の流れはもはや「お約束」になっているのではないかと筆者は思っている。

そんな彼であるが練習には真面目に取り組んでいるので、
驚異の粘り強さで値千金の勝利をもぎ取れるような選手になると期待しよう。
熊本県立熊本高校
文学部
副将


 森本 達朗  Tatsurou Morimoto
右ペンドライブ型
ひちょりは激怒した。
必ず、かのめんどくさがりでテキトーな筆者を許してはならぬと決意した。
ひちょりにはサーブが分からぬ。
筆者にサーブを出される度に、回転がわからないと嘆いている。
北野ではボールを投げて暮らしていた。
けれども卓球に対しては、人一倍に熱心であった。

出来上がった自分の紹介文を見てひちょりは激怒した。
あまりに雑なのである。

「おどろいた、先輩はご乱心か」
「いいえ、乱心ではございませぬ。いつものことなのです」
「呆れた先輩だ。生かして置けぬ」

……

そしていま、この紹介文が出来上がったのだった。
めでたし、めでたし。
大阪府立北野高校
文学部


 弓場 雅斗  Masato Yuuba
右シェーク速攻型
その貫禄のある姿と豊かな包容力から、
彼は"ユーバパパ"と呼ばれている。
同回生内の話し合いで率先してまとめ役に回るなど、
まさに頼れる父親的存在なのである。

また、彼は安D先輩と共に"京大卓球部ニヤニヤ同盟”を締結しており、
精力的に活動して(ニヤニヤして)いるようだ。
伊TやD坂先輩が加盟するか否かが喫緊の課題らしい。

パパの今後の活躍に注目だ。
大阪星光学院高校
工学部地球工学科





1回生 2回生 3回生 4回生

トップページ